So-net無料ブログ作成
検索選択

(500) Days of Summer [MOVIE]

summer.jpg
建築家を志しながらもカード会社でライターの職に甘んじているトムは、運命の恋を夢見るロマンチスト。いつか素敵な恋人に出会えるはずと信じていた。そんなトムの前に新入社員サマーが表れる。彼女を一目見た瞬間に恋に落ちたトム。サマーもトムに好意を抱き、2人はデートを重ねるが、彼らの間には大きな壁が立ちはだかっていた。トムと違って、サマーは真実の愛なんてものを、これっぽちも信じていなかったのだ。

脚本、監督、主演、すべてに男の目線が貫かれる画期的なこのラブストーリーは、ミュージック・クリップやCM、短編作品で高い評価を集めるマーク・ウェブの長編映画デビュー作。恋することの高揚感に加え、誰もが知る失恋の惨めさを見事に描いて映像作家としての実力を発揮する。エキセントリックに見えて実は極めて真っ当な感覚を持つ現実的なサマー役のズーイー・デシャネルと、愛の幻想に振り回される愚かだけれど愛おしい主人公トムを演じるジョセフ・ゴードン=レヴィットも適役。イケアで新婚夫婦ごっこに興じ、『卒業』を観て暗雲垂れ込める展開や、傷つき学び成長してゆくトムにエールを送るようなエンディングも心憎い。
(goo映画より)


▼予告編
  

▼オフィシャルサイト



summer2.jpg
邦題『(500)日のサマー』
この映画はストーリーよりも使われてる曲と監督に興味があって。
The SmithにDoves、Hall & Oates、The Temper Trap、Wolfmother、Mumm-Raですよ。
アメリカ映画なのに、主人公はイギリスのロックが大好きという(笑)
劇中でもトムはジョイ・ディビジョンやクラッシュのTシャツ着てたし。

2人が会話をするきっかけとなるのが、エレベーターの中でトムのヘッドフォンから漏れ聞こえてきたThe Smithの"There Is A Light That Never Goes Out"
それに気がついたサマーが
「スミスね。私もスミス好きよ。♪To die by your side〜♪」
と微笑みながら言い残して行くんだけど、そんなことされたら、私でも恋に落ちますよ、多分。

2人の距離がどんどん縮まって行き、IKEAデートするシーンは本当によかった。
まずIKEAデートは私の夢(笑)だし。
トムがサマーに建築物について色々教えたりしながらデートするシーンで使われてるThe Temper Trapの"Sweet Disposition"もはまり過ぎ。
トムのちょっと緊張している中での高揚感や、楽しくてたまらない2人の様子なんかが、この曲にぴったりで。

サマーのおうちから朝帰り(?)するトムが最高に浮かれて、世界中がトムを祝福している様なトムの妄想のシーンで使われたHall & Oatesの"You Make My Dreams"もピッタリ!!
トムが愛おしくて仕方なかった(笑)

サントラには入ってないけど、トムがカラオケでPixiesの"Here Comes Your Man"を熱唱するんだけど、そのシーンもよかった。

500DaysPoster.jpg
よくあるラブストーリーものではないけど、よくある「友達以上恋人未満」的な、グレーゾーンをうまく描いた映画だと思います。
誰もが必ず経験している感覚じゃないのかなあ?
最初、私は「傷つくくらいなら恋人なんて欲しくない。」というサマーの考えに共感を覚えていたけど、だんだんとトムのサマーにまっすぐなところが素敵に見えたり、自分とトムを重ねてみたり。
トムがどうしようもなく落ち込んで泣いてたりすると私も泣いてたり。
なよなよしていて、落ち込むと10歳の女の子に話を聞いてもらってアドバイスをもらったりしてるダメダメなトムが私にはドストライクでした。
そして、ちょいちょい、クスクスっていう笑いを誘うところがあるし、ラストのオチも私は好きです(笑)
トムの妄想と現実が入り交じるような映像も面白かったし、Music VideoやCMなど、短い時間で心をつかむ映像を作ってきたこの監督ならではじゃないかと思える印象的なシーンが多かったと思います。
全く派手ではないけど、いろんなところに共感でき、最後はちょっとたくましく(?)なったトムが居て、また頑張ろうって思える映画じゃないかと思いました。

関係ないけど、どうしてもトム役のジョセフ・ゴードン=レヴィットが某G氏に見えてしまい、なんかおかしくて(笑)
最初、誰かに似てるなー程度だったけど、一度似てると思ったらどんどん似て見えてくるから不思議。

トムの親友役が「マッケンジー」と「ポール」って名前なのもちょっと笑った。
「マッケンジー」は若かりし頃のTears For Fearsのローランド・オーザバルにちょっと似てる気がする。

サマー役のズーイー・デシャネルも超かわいかった。
小悪魔っぷりがはまり過ぎ。


あ、もちろんサントラは買いました(笑)
熊本はいつ上映されるかわからないけど、上映されたらまた絶対観に行きます。


この監督、どんなPVを作っているかというとなんと
Weezer "Perfect Situation"
Snow Patrol "Chocolate"
Daniel Powter "Bad Day", "Free Loop"
Hot Hot Heat "Middle Of Nowhere"
All American Rejects "Move Along"
そしてMy Chemical Romanceの曲多数を作ってたんですねえ。
びっくり。


(500) Days of Summer

(500) Days of Summer

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sire/London/Rhino
  • 発売日: 2009/09/21
  • メディア: CD



(500) Days of Summer [DVD] [Import]

(500) Days of Summer [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。