So-net無料ブログ作成
検索選択

モテキ [Book]

1_1024-768.jpg

最近「モテキ」にはまってます。

恋にドヘタレな草食系男子、藤本幸世(29)にモテ期襲来!! 
猛禽系、処女系、ミステリアス系と、ありとあらゆる女性たちが幸世に猛接近。
だが「俺は男として出来損ない」と自信のない幸世は敵前逃亡!?
しかし更なるモテ期の猛襲が彼を追う――。
 果てして幸世の運命やいかに!?

-----amazonより
作者の久保ミツロウさんは実は女性です。
なので、女心もくすぐられます。
面白いです。
いきなり冒頭からFUJI ROCK FESTIVALに行っちゃうとことか、チャプターのタイトルが全部何かしらの曲のタイトルだったりとか、ディテールもまたくすぐられちゃったり。
(サカナクションの「ネイティブダンサー」とかも出てきます。)

こないだ3巻が出たばかりですが、4巻で終了予定とか。
最近の恋愛のバイブルになりつつあります(笑)

「バルス!」したいなー。


モテキ (1) (イブニングKC)

モテキ (1) (イブニングKC)

モテキのチャプタータイトル一覧を見てみる


タグ:モテキ
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

旅の途中 / スピッツ [Book]


旅の途中

旅の途中

【amazonの商品紹介より】
スピッツ結成20周年にあたり、結成からの足跡を辿る貴重な書き下ろし。彼らがめざしてきたこと、守ろうとしてきたこと、愛してきたものは何なのか。

今や日本を代表するロックバンド・スピッツが結成されたのは1987年。いまからちょうど20年前だ。だがスピッツには“前史”がある。リード・ヴォーカルの草野マサムネとベースの田村明浩が出会ったのは1986年。地方から上京した彼らは大学で出会った――。その後空前のバンドブームの渦中で独自の日本語ロック路線を突き進む。その後のメンバー間のギャップ、そして迎えたブレイク――。四人のそれぞれの胸に去来するスピッツへの思いとは。四人の語りで構成する貴重な一冊。

【著者からのメッセージ

何気なく過ぎてきたような20年だったけど、あらためて語ってみるとかなり濃かった!
フツーの男たちの、少しフツーじゃないバンド・ストーリーです。
――草野マサムネ

スピッツのCDと『旅の途中』で、長い夜を楽しんでください。
――三輪テツヤ

気がついたら20年。こういう本もできるようになりました。ぜひ読んでみてください!
――崎山龍男

20年分の思いを語ったら、こんな本になりました。でも、スピッツはまだまだ続きます!
――田村明浩 




ということで、スピッツネタが続きますが、発行されてから1年ほどたったつい昨日、読みました。
スピッツFCに入ってるからには買っておかないといけないでしょう、程度の軽い気持ちでネットで購入し、昨日帰宅してみたら届いてたのですが、深夜0時くらいからパラパラっとめくり始めたら一気に最後まで読んでしまいました。
4人それぞれが、「第1章★スピッツ結成」から「終章★旅の途中~20年目とこれから」まで、それぞれの想いを綴った書き下ろしエッセイ集です。
私は、もう既にスピッツがブレイクした10年ちょっと前くらいから聴き始めたので、それまでのエピソードなんかはとても新鮮で、スピッツ結成から初期の頃のメンバーの苦悩は、今自分がバンド活動をしている苦悩と重なる部分もあり、みんな最初の頃は演奏技術のことで悩んでたんだー、とか、私も頑張って技術やセンスを磨かなきゃ、と感情移入すらしてしまいました。自分がリアルタイムで聴き始めてからのエピソードは、そうそう、と共感しながら読み進み、本当にあっという間でした。
ちょっとショックだったのは、自分が一番思い出があり、初めてスピッツのライヴを観たツアーのアルバムで今でも大好きな『フェイクファー』は、メンバー全員とても辛い時期だったという事実。マサムネくんは今でも一番聴きたくないアルバムだとか。
それでも私にとってはとても大事な1枚であることには変わりないアルバムなわけで、そんなエピソードも理解した上でまた改めて他の全部のアルバムを聴き返したくなりました。
そして、ほぼ洋楽しか聴かない私が、なぜこんなにもスピッツに惹かれるのかも少し分かった気がします。

私はスピッツ偏愛者なので、いいことしか書けませんが、ちょっとでもスピッツに興味のある人は、是非読んで欲しいと思いました。
彼らの純粋すぎるほどキラキラ☆とした友情や、音楽に対する誠実すぎるくらい誠実な姿勢がよく分かると思います。
そしてこれからも小さい力だけど、変わりなくスピッツを愛し応援していこうと思いました。
文章も読みやすくサラッとしているので、気になった方は是非。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。